金魚とインコと人間が飛び交う日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
撮影会
PCの調子が悪くて無駄な作業が増えたため
今週はロクに寝ていません・・・
目が腫れとる・・・

d0118731_16315166.gif

きれいに3人おさまる。

d0118731_16321032.gif

ゲンチョスはどの角度から見ても
ドスコイになってまいりました。

d0118731_16322492.jpg

正面顔選手権開催。
くーちゃんの正面顔率はかなり高いです。

d0118731_1632355.jpg

あ~~~~、なんかどっかにこういうキャラいたなぁ。
なんだっけ?思い出せない!
suicaのペンギン?ちょっと違うか・・・

d0118731_16325256.jpg

ウーホァは宇宙人のようです。
どっちかというと、宇宙人の乗ってきたUFO寄りですね。

d0118731_1633432.jpg

「どないやねん」
口を開くと余計何かに似てます。


d0118731_16331892.jpg

ナントカ戦隊的ポーズ その1

d0118731_16333088.jpg

ナントカ戦隊的ポーズ その2

d0118731_16335732.jpg

ナントカ戦隊的ポーズ その3


こっちの人たちは写真撮りやすくていいなあ。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-25 16:44 | 45cm水槽
アンテナ付き
さて、やっと新入りさんの紹介ができます。


16日あたりに合流予定だったのですが
先の記事の通り、エリザベス充血事件により
1週間、合流が延期となったのでした。


d0118731_1472384.gif

たぶん予想通りだと思いますがw、水泡眼です。

このサクランボみたいなほっぺ、
限りなく黒い両目(完全なボタン目ではないらしい)
ゆるキャラ選手権的な顔立ち、
ヘナチョコな口紅、
白い体に六鱗風味の赤いヒレ。

もうべらぼうに私の好み、どストライクなのですが、
1つだけ予想外のポイントが。


d0118731_147415.jpg

背中に謎のポッコリ。


実はこの水泡眼、オークションで買ったのですが
このポッコリが分からないように巧妙に撮影された写真だったため、
実際に届くまで、気づかなかったのです。

金魚の質云々じゃなくて、業者のやり口に腹が立ったので
業者には抗議メールを出しました。

輸送中の病気発生や損傷など、不慮の事故であったり
その後、回復可能なものならばまだマシですが、
こういう問題は出品側も承知の上で出品しているうえ、
生まれついてのものはどうしようもないからです。

ちなみに業者からの返事は
謝罪とかそういう感じのものではなく
「次回の取引の際には何かサービスしますので今後ともよろしく」
的な内容のものでした。
まあ、たぶん今後取引することは二度とないですな。



しかし金魚自体に罪はなく。

母に「かわいいじゃない。背中?アタシ気にしないわよ」と言われ、
とらねこさんには「色はすごくきれいだよね」と言われ、
「コブ」ではなく「アンテナ」と呼び名を変えてみたら、

あまり気にならなくなってきました。
そして一生懸命、エサを拾って食べてる本人。


・・・かわいいスね・・・。


というわけで、そんな感じで
この水泡眼は、うちの水槽の仲間になりました。


そして名前ですが、
赤いほっぺにちなんだ、可愛い名前がいいな~と思ってたら


背中にアンテナがあることと、
とらねこさんに「宇宙金魚じゃんw」と言われたこと
(まぁ確かに水泡眼は一番宇宙系の顔してるけどさw)

から、母に「コスモちゃん」と命名されました。



ほっぺ関係ねぇや。

d0118731_1485137.jpg

でもみんなに歓迎されてるっぽくてよかったね。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-23 14:02 | 60cm水槽
ローアングルその2
ローアングルから撮影すると、
迫力が出るんですってよ。

d0118731_15454038.jpg

おお、なかなかです。

d0118731_15455537.jpg

うーん。小さい人はやっぱ厳しいな。
しかし写真としては嫌いじゃないね。

d0118731_15462275.jpg

あ、はい。あなたが優勝です。

d0118731_15464926.jpg

やっぱ60cm水槽といったら、
大技【なぜか1列に並ぶ】でしょうか。
しょっちゅう見ます。




d0118731_15475088.jpg

それから、先の地震の影響かわかりませんが(タイミング的にはそのへん)
エリザベスの左ハラビレが充血しました。
水カビっぽいものもついてた模様。

新入りの合流を急遽延期。
と言っても、充血ではあまり治療らしい治療をしたことがない私。

・水換え(たまたま水換えの日だったので)
・念のためメチレンブルーを患部に直接塗布(1回だけ)

のみで、4日目に完治しました。写真もない。

なんか手抜き感満載ですが、大事に至らずよかったよかった。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-19 15:51 | 60cm水槽
マツモ無限サイクル
アホのように忙しかったために
若干更新が滞ったです。

先日ぽちさんのブログに遊びに行った際、
マツモについての話がチラリとあがりましたので(だいぶ前ですけど)
今日はマツモの生育状況を。

最初に言っておきますが、私はマツモフェチです。
以前からなんとなく好きだったんですが、フェチに昇格しました。

d0118731_15144535.jpg

状況的には、こんな感じです。
はい、汚いですね。

でもいちおうマツモは水に馴染んだらしくて、
昔はまったく成長しなかったのが、今ではゆるやかながらも成長し
サイクルが確立しております。

d0118731_15155084.jpg

d0118731_1517818.jpg

まず、サイクルはここから始まります。
長く成長したマツモは、どんどん枝分かれしていくわけですが
その状態まで成長したマツモを、「おかあさん」と呼んでいます。
現在、うちには9本くらいおかあさんがいます。

おかあさんは子株をたくさん持っている、マツモ生産機なので大事です。
基本的には伸びまくってもそのまま放置です。場所も移動させません。
ライト真下の特等席に安置されています。

子株は、5cmくらいに成長すると切り離され
別の株として栽培されます。
d0118731_15181952.jpg

子株の人たち

小さすぎるうちに摘み取ってしまうと、自力で成長できずに
ダメになってしまうので、ある程度育つまでジッと待つのです。
ここがマツモ生育の中で、最も辛い時期です。フェチ的に。


子株はそのまま衣装ケースで栽培し、ある程度の長さに成長すると
私によって「中堅」と名づけられ、各水槽へ出荷されます。
d0118731_15213720.jpg

45cm水槽でのマツモ。

基本、45cm水槽の人たちはあまりマツモに興味を示しませんが、
エサの量が足りないと、ある日突然キレてマツモをズビズバにします。

マツモは、先端の部分が無事ならいくらでも復活できるのですが
45cm水槽の人たちは食べなれてないせいか、先端から食べやがるので
だいたいこの水槽へ出されたものは、復活できずに捨てられる運命となります。
45cm水槽の人たちは、このへんの空気が読めません。

d0118731_15244091.jpg

60cm水槽のマツモ。

60cm水槽の人たちは、マツモ大好物です。特に閣下。
しかし空気を読んで、真ん中らへんを食べるので、
食べられた部分からカットして、再び子株の状態から再育成することが可能です。

しかし、マツモを引きずり回して、水槽奥のエアカーテンのところに置き去りにします。
マツモは水流が強いと、葉が閉じてしぼんでしまうので、美しくありません。
60cm水槽の人たちには、「美しさを保つ」という高等技術が要求されます。


こんな感じで、めげ家のマツモサイクルは成り立っております。



さて、衣装ケースでマツモと暮らしている人々の紹介ですが、
d0118731_15303766.jpg

タニシ的な人。
マツモにくっついてきました。多数。
流すのもかわいそうなので、適当に放り込んでおいたのですが
(その大多数は、放流直後にハヤによってエサと間違われて食われました)
2匹だけ生き残り、しかもゴマツブサイズから黒豆サイズまで成長しました。

しかし先の地震で、1匹死亡。今は1匹のみです。

d0118731_15323226.jpg

魚の人たち。

コメットらへんはあまり成長していませんが、
最近おとひめの恩恵にあずかっているので、がっしりしてきました。これでも。
こう見えて実は4歳なのがミソです。

ハヤは、昨夏急激に成長し、コメットたちをかるく追い越しました。
今10cm強でしょうか。もう5cmくらい成長するんじゃないですかね。

逆にウグイ?は、成長はかなり遅いです。しかもヒョロいです。
しかし強く、一生懸命生きております。

あ、あとスジエビも1匹いるのですが(おとひめ美味さに思わず脱皮した人)
ウィローモスの中に隠れて、しかも完全に同化してたので、撮影不可。


この衣装ケースも、入れ物とレイアウト云々をいじったら
かなりいい感じのテラリウムになりそうな気がするんだけどなぁ。

やらないのは、単に私がめんどいからです。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-17 15:12 | 衣装ケース
地震~
ご心配ありがとうございます。
土曜の朝に起きた地震の件について、ご報告です。

私のところは、震度5弱だったらしいです。

ちょっとこれはチヌかと思った・・・。


なにしろ震度1でも怯える勢いの地震嫌いなので
今回は普通に腰抜けました。アウチ。

私よりマメのほうがビビってたけど。


実は地震当時、自宅にいなかったため
家の中の状態を確認したのは夕方になってからでした。

とりあえずは人間・インコ・金魚、いずれも無事でした。


が、


玄関(45cm水槽)と、新入りの入ったトリートメント水槽が
めっちゃ水があふれて、周辺が水浸しになっていたらしく・・・
(発見して、掃除してくれたのは母ですが)

あと、60cm水槽は、ライトがライトラックごと水槽内に落ちました。
たまたま電気をつけてなかったので、大きな事故にはなりませんでしたが・・・

水没時に通電していなければ、水が乾けばまた使えると思う、と
とらねこさんが言っていましたが、恐ろしいのでまだ試していません。

余震は、今もたま~~~にあります。弱いですが。


震度4以上の地震に遭遇したのは、これで人生3度めです・・・。


アレです、いつ起きるか分からない災害なので、
水槽だけでなく、その周辺機器も地震対策をしておくことをオススメします。



いや~、こわかった。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-15 00:18 | にちじょう
ローアングル
d0118731_16211872.jpg

どうも、3人そろって45cm水槽です。

最近になって急に、
ノリノリで写真に撮られるようになってきました。

そしてローアングルから写真を撮ると、
迫力のある画が撮れることに気づいたのです。

d0118731_1622261.jpg

ゲンチョスどどーん

d0118731_1622443.jpg

ウーホァもどどーん


d0118731_1623457.jpg

「エッ 迫力!?」

うん、どっちかっつぅとウルトラマンみたいだけどね、YOUは。
d0118731_16234643.jpg

「ドドーン」


・・・。
くーちゃんは、もう少し大きくなってからにしなさいね。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-11 16:29 | 45cm水槽
ひさびさ60cm水槽
d0118731_16234333.jpg

ひさびさの60cm水槽~。

d0118731_16235489.gif

閣下。
思い起こせば、某小暮閣下の如き
黒い口紅をしていたために、閣下と命名したのですが
今では黒は完全に抜け、普通の赤白金魚と化しています。

まるで、年を追うごとに見た目が普通になっていく
ビジュアル系アーティストの如し。

d0118731_1624785.gif

もち。
頭部のハゲは止められませんでしたwww
現在、一部に申し訳程度に赤が残っている状態で安定。
昔懐かしいゴルバチョフ書記長のようです。

d0118731_162419100.gif

タコチューみたいな顔のエリザベス。
一人ちゃくちゃくと、ヘン顔選手権優勝候補の道を驀進中。
昔は【たまご】より小さかったのに、余裕で追い越しました。
60cm水槽の中で、一番よく食べます。

d0118731_16243323.gif

一番の古株、たまご。
もう大きくならないっぽい。
その分どんどん丸っこくなってるので、
たまごの名を見事に体現しております。


d0118731_16244531.gif

60cm水槽も、数種混合の粒エサから
おとひめメインに切り替えました。
冷凍アカムシは、週に2度くらい。

今は非常に安定しています。よろしきかな。



あと、さらに1人仲間が増える予感。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-09 16:24 | 60cm水槽
しつこく庭花
d0118731_13345116.gif

シャクヤクが咲きました。
和風の花の中では、特にゴージャスなので好きです。
よく絵にも描きますね~。

「立てば芍薬、座れば牡丹」というのは、
芍薬はタテに茂り、牡丹が横に広がって茂る様から例えられたそうですが
うちのシャクヤクはなんていうか、全体的にズングリムックリです。

d0118731_13365911.gif

カルミアの花と、謎のショウブっぽい花。

カルミアの花は、触るとしこたまベタベタしていて
幼少時、それを非常に嫌がりながらも進んで触っていたという、
意味不明な思い出があります。やめればいいのに。

また、カルメラと文字が似ているので、
ベタベタするのもカルメラのせいだ!と本気で思っていた時期もありました。

毎年、冬には屋根から落ちてくる雪が直撃して
ひん曲がったりしてるのですが、たくましく生きてます。


謎のショウブ的な花は、ここ数年になって
突如として物干し台の下に群生し始めました。高さ20cm程度。
実はアヤメとショウブとカキツバタの区別がまったくつかないので、
正確な名前がよくわかりません。

ただ、裏庭へ続く花壇のあたりには50cm超の高さまで成長する
ショウブがあるので、それとは別種かな、というのはなんとなくわかります。

d0118731_13431628.gif

それから、例の脱走イチゴがついに実をつけやがりました。
今年はどうやら豊作っぽい感じです。
まだ食べてないんですが、きっとマズいんだろうなw
見た目はおいしそうなんですけどね・・・。

d0118731_13445641.gif

バラの人たち。
黄色系のほうは、母曰く「七変化のバラ」だそうです。
咲き始めから咲き終わりまでの間に、微妙に色が変わっていくんですって。

赤系のほうは、色合い的にかなり私好みなんですが
母はあまり気に入ってないらしい。一重咲きだからか?(母はゴージャス好き)

d0118731_1348829.gif

うちで最も長寿のバラ。おそらく20年近いはず。
幼少時、夏休みの宿題でこのバラの絵を描いた記憶があります。
昔はかなりほったらかしで、相当弱っていたんですが
母がバラに本格的に目覚めて以来、元気を取り戻し、毎年大輪の深紅の花が咲きます。

d0118731_13501122.gif

母のお気に入りのバラ。
中輪の花がいくつもつくタイプで、これも徐々に色が変わっていくっぽい。
ピンクから黄色っぽくなっていくのが、なんとなく分かるかと思います。

d0118731_13523980.gif

長寿のバラの隣に植えてあるやつ。
母はファンシーなバラが好きな模様です。
「(色合いが)カマボコみたいでいいね」と言ったら、怒られた記憶があります。



ちなみに、ジャングル裏庭は
この時期以降になると、普通の服装では入れなくなります。
捜索隊並みの完全防備が必要になるので、近づけませんw
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-05 14:02 |
おとひめ
以前からチラホラと「おとひめ」について書いてきましたが
今日はもうちょっと迫ってみます。

といっても正直、存在や名前自体、最近知ったので
あまり詳しいことは把握してないのですけどw

というわけで、小学生の自由研究並のレポートでございます。


d0118731_23122990.jpg

【把握していたこと】
・もともとウーホァのオマケでついてきたやつ
・その後、bッdーsのオークションで購入
・500gで1200円、2kgで5000円くらい
・水産用飼料として、海産物の養殖・熱帯魚飼育にも広く使われている
・高脂肪、高タンパクなので、低水温時に与えすぎは禁物
・弱沈下性


本当に小学生並みです。


d0118731_2327501.jpg

【今調べたこと】
・成分
  粗蛋白質・・・50%以上
  粗脂肪・・・・・10%以上
  粗繊維・・・・・3%以下
  粗灰分・・・・・16%以下
  リン・・・・・・・・1.5%以上
  カルシウム・・23%以上
・サイズの種類が非常に多く、基本的に極めて粒が小さい。
 私が使っているのはS2(写真参照)
・「日清丸紅飼料株式会社」の商品であるらしい


今まで使ってたミニペット胚芽と比べると、確かに高タンパク・高脂肪です。



【実際に与えてみた】
・粒が小さいので、底砂の間に落ちてしまうのが気になるけど
 まあツマツマして食べてるみたいだから、それほど問題なさげ。

・食いつきがムチャクチャよろしい。
 正直、うちでは冷凍アカムシよりよく食べます。
 食後のテンションもまったく違う。
 少食でクールな60cm水槽の人々が、食後も興奮冷めやらず!といった感じで
 ずっとジャリをツマツマしておりました(初めて見た光景・・・)

・これを与えるようになってから、浮き気味の金魚が全快。
 冷凍アカムシを与えて以来、何をあげてもひっくり返って浮くようになってしまった
 ゲンチョスが完治。それ以降、一度も浮いたことがありません。
 また、食後にボーっと水面に浮くことが多く、浮きすぎて過去2度ほど
 背中がただれてしまった「もち」も完治。

・カラダがかなりガッチリします。モコモコ促進効果もあるらしい。
 色揚げ、ヒレ伸長効果についてはナゾ。

・スジエビも思わず脱皮しました。


そういったわけで、最初は単に「粒が小さいから、消化不良になりにくいかな」程度の
認識で与えてみたのですが、うちではバツグンに相性がいいみたいです。
最初は消化不良とか浮きが気になっていましたが、かえって完治。これが最強に嬉しい。



それから、「ミネラルバランス」もたぶんいいと思います。
これを使うようになってから、死人や病人が1人も出ていません。



以上、めけさんのヘッポコレポートでした。
[PR]
# by usura_pitan | 2008-06-03 23:48 | 金魚全般
残念なマリンブルー
昨日の写真があまりにもアレすぎたので
思わずラクガキをしてみたのでした。

d0118731_11501411.jpg

うわぁ違和感全然ないや。


「ピョーッ」とか「ンケケケケケ」とか
普通に聞こえてきそうです。



さて、


うちの玄関にある45cm水槽は、
自然光は入ってくるにはくるのですが
あまり光量が多くない。

新入りのくーちゃんの赤をもっと強くしたいと思い、
ライトを導入することにしました。今更。


そこで出動したのが、
30cm水槽でグッピーかレッドビーを飼おうとして買った
スタンド型のライト。

グッピーもレッドビーも結局今のところ挫折してるのでw
そのまま使われずに封印されていたのでした。



さっそく、電源ON!



d0118731_11505983.jpg

「・・・!?」

ゲンチョスもびっくり。
(例のエサ「おとひめ」がよほど合っている?のか
 最近ブリバリ肥えてきました。高級飼料ですからw)

d0118731_11514169.jpg

「青くね?」

メチレンブルーではありません。
これがライトの色なのでした。


d0118731_11541182.gif

「グッピーやエビならまだしも・・・」
「目がチカチカします。」
「これはないわ」


d0118731_11545813.jpg

「赤つぅか紫になりそう。」



大不評ですwww



というわけで、電球を替えるべく探し中なのですが
なかなかワット数の合うやつがない・・・
[PR]
# by usura_pitan | 2008-05-30 11:55 | 45cm水槽