金魚とインコと人間が飛び交う日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2008年 06月 05日 ( 1 )
しつこく庭花
d0118731_13345116.gif

シャクヤクが咲きました。
和風の花の中では、特にゴージャスなので好きです。
よく絵にも描きますね~。

「立てば芍薬、座れば牡丹」というのは、
芍薬はタテに茂り、牡丹が横に広がって茂る様から例えられたそうですが
うちのシャクヤクはなんていうか、全体的にズングリムックリです。

d0118731_13365911.gif

カルミアの花と、謎のショウブっぽい花。

カルミアの花は、触るとしこたまベタベタしていて
幼少時、それを非常に嫌がりながらも進んで触っていたという、
意味不明な思い出があります。やめればいいのに。

また、カルメラと文字が似ているので、
ベタベタするのもカルメラのせいだ!と本気で思っていた時期もありました。

毎年、冬には屋根から落ちてくる雪が直撃して
ひん曲がったりしてるのですが、たくましく生きてます。


謎のショウブ的な花は、ここ数年になって
突如として物干し台の下に群生し始めました。高さ20cm程度。
実はアヤメとショウブとカキツバタの区別がまったくつかないので、
正確な名前がよくわかりません。

ただ、裏庭へ続く花壇のあたりには50cm超の高さまで成長する
ショウブがあるので、それとは別種かな、というのはなんとなくわかります。

d0118731_13431628.gif

それから、例の脱走イチゴがついに実をつけやがりました。
今年はどうやら豊作っぽい感じです。
まだ食べてないんですが、きっとマズいんだろうなw
見た目はおいしそうなんですけどね・・・。

d0118731_13445641.gif

バラの人たち。
黄色系のほうは、母曰く「七変化のバラ」だそうです。
咲き始めから咲き終わりまでの間に、微妙に色が変わっていくんですって。

赤系のほうは、色合い的にかなり私好みなんですが
母はあまり気に入ってないらしい。一重咲きだからか?(母はゴージャス好き)

d0118731_1348829.gif

うちで最も長寿のバラ。おそらく20年近いはず。
幼少時、夏休みの宿題でこのバラの絵を描いた記憶があります。
昔はかなりほったらかしで、相当弱っていたんですが
母がバラに本格的に目覚めて以来、元気を取り戻し、毎年大輪の深紅の花が咲きます。

d0118731_13501122.gif

母のお気に入りのバラ。
中輪の花がいくつもつくタイプで、これも徐々に色が変わっていくっぽい。
ピンクから黄色っぽくなっていくのが、なんとなく分かるかと思います。

d0118731_13523980.gif

長寿のバラの隣に植えてあるやつ。
母はファンシーなバラが好きな模様です。
「(色合いが)カマボコみたいでいいね」と言ったら、怒られた記憶があります。



ちなみに、ジャングル裏庭は
この時期以降になると、普通の服装では入れなくなります。
捜索隊並みの完全防備が必要になるので、近づけませんw
[PR]
by usura_pitan | 2008-06-05 14:02 |