金魚とインコと人間が飛び交う日記です。
2007年 06月 02日 ( 4 )
おらんださんたち
45cm水槽から、生き残ったオランダさんを救出した。
元気なら隔離しても大丈夫だし、どっちみち水槽リセットするし。

d0118731_14345430.jpg


幸い元気で、エサに飛びかかってくる。
まず徐々に水温をさげて、常温で飼うことにする。
そのあと、60cmの方々ともども日光浴。なんか色落ちてきたし。



それから、実は新顔がいるのです。

d0118731_1435491.jpg


バルーンオランダなんですけども。

実はくーちゃんが亡くなった数日後、くーちゃん模様の金魚を
また探そうと思ってお連れ様とショップを徘徊してたんですが
そのときにたまたま発見したのがこの人で、
母親が前々から「バルーンオランダがほしい」と言ってたのもあって
うちに連れてくることにしたのです。

なので、実は5月22日からさりげなくうちの衣装ケースに住んでるのです。

ただ、これまでの経験上、この店の金魚は短命というか、
相性が合わないというか、うちにきてすぐ病気になるとか
そういうのが頻発していたので、1ヶ月くらい別居で様子を見ようと。

今のところ何の問題もないです。エサもよく食べます。
上見も横見もとても素敵です。
[PR]
by usura_pitan | 2007-06-02 23:33 | 金魚全般
今後の作戦
【現在の問題点】
1.60cm水槽は今後もこれで維持できるか
2.45cm水槽の崩壊について
3.金魚の全体的な虚弱体質
4.金魚の少食
5.金魚の成長しないっぷり
6.金魚のエサ
7.飼育法以外での根本的原因

---------------------------------------

【今後の対策】
1.60cm水槽は今後もこれで維持できるか

  今は土佐錦の新水飼育に近い状態なので、今のところ問題はなし。
  ただ、「水槽内の雑菌の繁殖の余地をなくす」ために、
  やっぱりある程度バクテリアの存在は必要。
  というわけで、投げ込みみたいなスポンジフィルタを購入。でけぇ。
  これに、今までどおりの水換えペースを維持すれば、ほぼ問題なし。

d0118731_14202226.jpg


2.45cm水槽の崩壊について

  先日大崩壊した旧60cm水槽の状況ともあわせて考えると、
  私の管理方法では、およそ3年で水槽が崩壊するサイクルであるらしい。
  まずは45cm水槽をリセットし、環境を再考する。
  現在の管理法とは違ったものを試してみるのもよさそう。
  (現60cm水槽のようにベアタンクにしてみる、ジャリは毎月大掃除、等)

3.金魚の全体的な虚弱体質

  たーきぃさんも言ってたけど、太陽に当たらないからかも。
  紫外線の効果はやっぱりバカにできないらしい。殺菌、色揚げ、ビタミン。
  今後は定期的に水槽の大掃除をし、その間、金魚をまとめて衣装ケースにうつし、
  日光浴させることにする。外だと直射日光がキツイし、外敵が多いけど
  縁側に置けば問題ない。日陰もできるし、外敵も入ってこれない。電源も確保できる。
  というわけで、使うんだかわからないけどスダレを買ってみた。147円とか安すぎ。
  あと、ヒーターも今後は極力使わない方向にしたい。

4.金魚の少食

  確実に虚弱体質の原因の1つ。
  金魚は本当はもっと食べたがっているのかもしれない。私が与えてないだけで。
  でも過去、1日2度エサをやると、金魚が確実に体調を崩していた。
  今、私の家にある60cm水槽、45cm水槽、30cm水槽×2の4水槽に対して
  1日に冷凍アカムシ半キューブで足りていると言ったら、驚かれた。
  これをまず、1つの水槽あたり1.5キューブ消費を目標とする。

5.金魚の成長しないっぷり

  エサの少なさが問題なのは言うまでもなく。
  「チビでもいいや」とは思うが、決してそれは健康ではない。
  というわけで、エサの増量に執念を燃やす。

6.金魚のエサ

  金魚が体調を崩したのは、たぶんエサの量や回数が原因ではない。
  たぶん咲きひかりのせい。思えばアレをあげると、確実に体調を崩す。
  というわけで咲きひかりはしばし封印し、当分は冷凍アカムシでいってみる。
  咲きひかりは、1日にアカムシ1.5キューブ食べる目標をクリアしてから。

  ちなみに、代わりにこんなものを購入してみた。「極素」とかいうやつ。
  バクテリアの素にしてもよし、金魚のエサにしてもよし。
  乳酸菌、光合成細菌、酵母菌、放線菌、糸状菌など数十種類の有用菌を含有。

d0118731_14204287.jpg


  こういうのを見てると、やっぱり「自作エサ」への野望が出てくるね・・・
  今の仕事で売れっ子になったら、やりましょう。


7.飼育法以外での根本的原因

  これはなかなか盲点。
  そもそも使っている「水」に問題があるのではないかという指摘。
  というのも、水槽でヒーターを使っている分、水換えをするときは
  それにあわせてお湯で温度調節したものを使っているのだけど
  そのお湯を作る給湯器(ボイラー)が古いものだと、
  ボイラー内に蓄積された重金属やら雑菌やらの影響で、
  お湯そのものが有害になるという。飼育法がいくら正しくてもムダ。
  ・お湯じゃなく水を使う(温度調整はその後ヒーターで。)
  ・中和剤を使わず、エアレーションで曝気
  を実践してみようかと思う。
[PR]
by usura_pitan | 2007-06-02 23:19 | 金魚全般
マニアな人と語る
今日、ちょっと遠くのマニアックな熱帯魚屋に行ったんです。

いや、熱帯魚屋なのか?
もちろん熱帯魚もいるし、海水魚もいるし、金魚もちょっといる。
トカゲもいるし、カメもいるし、エビもいるし、
涼宮ハルヒのフィギュアから、謎のガチャポン、エロゲまで、
もうなんていうのかな、カオスとしか言いようがない怪しすぎる店なんだけども。

そこで飼われているミニチュアダックスの夫婦が
人目もはばからずに一生懸命カクカクと繁殖行為に励んでいる横で
私も同じくらい一生懸命、そこの店主と金魚について語り合ってきた。

立て続けに発生するマツカサと、その原因、今後の対策について。

まず、私の家の水槽の環境・状態を、具体的に話す。
飼育法については、特に問題はないはずなのに
これだけ病気が頻発するということは、
それ以前のもっと致命的な何かをやらかしている可能性があると言う。


私の飼育法は、たとえるなら「雪道の上を走る4WD車」であるらしい。
つまり、基本的に装備ができていて、たいていのことには動じないが
一度スベりだすと、もう止められない状態になるという。

「雪の上を走るFD車」なんかだと、スベりやすいことを承知の上なので
最初から注意深く、多少スベりはするが大事故にはなりにくい。らしい。


で、店主の人と一緒に、原因とその対策を考えた。
いろいろ勉強になった。


ちなみに、デメキンのことは、
店主もやっぱり「安楽死させるべき」だと言っていた。
デメキンのためにね。


まあ、家に帰ったら、もう亡くなっていたのだけど。
[PR]
by usura_pitan | 2007-06-02 23:10 | 金魚全般
でめちゃん
デメキン、実はまだ生きてたんです。
でも、HPで言うとマジで1くらい。

泳ぐ力もなく、ストレーナーにひっついてて
かろうじて呼吸だけしている。
ヒレもボロボロ、ウロコもところどころハゲてる。


これじゃ何もできない。


隔離したら死ぬだろうし、
水換えしたら死ぬだろうし、
薬を入れたら当然死ぬだろうし。


もう、まさしく死を待つのみの姿。


金魚を今まで飼ってきて、初めて「安楽死」を考えた。


この手の施しようのない状態を長引かせるのは、何のためなのか。
わずかでも希望を持ちたいから?
自分で手を下して「殺す」のがイヤだから?

でも、

長引いてもデメキンはきっと苦しいだけだろうし、
現に同じ水槽には元気に生き残ったオランダが1匹残っている。
このまま水換えもできずに放置したら、元気なほうまでやられてしまう。



1日ものすごく考えた。



で、

今日の夜、私がどうこうする間もなく、デメキンは静かに死んでいきました。
もうだめだと判断してから、2日もがんばったんだな。えらいよ。
ごめんね。明日の朝になったら、先に旅立ったおらんださんの隣に埋めるよ。
[PR]
by usura_pitan | 2007-06-02 23:06 | 金魚の病気