金魚とインコと人間が飛び交う日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
蝶尾
東京から帰ってきました。土曜日に。

東京での詳細はおいおい書くとして、
私が東京に出発したその日のうちに、


蝶尾が死んだそうです。


私のいない間に水槽から取り出されていたので、
最後らへんを一切見てないんですよね。

ただ、東京から帰ってきたら
水槽に3匹いたはずの金魚が2匹になっていました。




留守中、母親に金魚の観察を頼んでおり、
何かあったらすぐ連絡をくれるようにしてありましたが
その日のうちに連絡がきました。
まだ東京きてすぐに打ち合わせしてる最中だっつの。

私が出発する朝には普通にしていたと思うんですが
(バタバタしていたので、あまりじっくりは見れませんでした)
午後に母親が見たら、水槽の隅に沈んでいて、
しばらくあとにもう一度見たら、ストレーナーの横で
横たわって沈んでいたそうです。

母親の情報伝達能力はいまひとつなので(失礼)
いちおう念のため、翌日の朝まで様子を見てもらうことにしましたが
翌朝、ひっくり返ってもう完全に死んでいたそうです。



水換えもしていたし、病気になる要素もありませんでした。
何より、前触れもない本当の突然死。
これが事前に聞いていた、中国金魚特有の
「硬度ショック死」なんだと思います。

前に水の硬度に関するお話を勝美商店さんから詳しく聞きましたが
(他言無用とのことなので、ここには書きませんが)
考えてみると、まさしく同じ症状であるかな、と。


宿命と言えば宿命。
足りなかったのかもしれないけど、対策もいちおうしてた。
だから、考えようによってはしょうがないのかもしれない。


でもこのタイミングはないわ。


蝶尾の最後を一切見てないので、
水槽から蝶尾の姿がなくなった今でも実感がわきません。



もう中国金魚は無理だぁ。


とりあえず、丹頂が死なないようにがんばる。
[PR]
by usura_pitan | 2007-10-01 16:18 | 60cm水槽
<< 成長記録その1 ここ最近のまとめ >>