金魚とインコと人間が飛び交う日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ビワと金魚
母の実家の群馬から、大量にビワが届きました。

d0118731_1225427.jpg


ばあちゃんちの裏に生えてた、大きなビワの木。
ばあちゃんが亡くなってから実がならなくなったと聞いてたけど、
またこんなにつけるようになったのか。

母がガキンチョのころは、これがオヤツだったそうで
毎日木に登ってむさぼり食ってたそうです。なんというワイルド。
基本的に木に登れないヤツはオヤツなしという過酷な世界だった模様。

写真のほかにもう1ボウル分あったんだけど、
母のそんな昔話を聞きながら、二人で必死に食べました。
冷蔵庫に入れると、甘味が飛んで全然おいしくなくなるので
常温保存で、悪くなる前にすばやく食べるのが一番。


ところで、このビワの木の下の池にはハヤとコメットが住んでたんだが
ビワを送ってくれた叔父に御礼の電話をしたついでに
その魚たちの安否を聞いたら、亡くなったそうだ。

そりゃそうだろうな~。20年も前から池にいたもの。
天寿をまっとうできたなら、一番良かったと思うよ。


この叔父は、私に輪をかけた金魚マニアで
私が幼少時の全盛期には、大小さまざま、合計10ほどの
水槽(しかも水槽全部叔父の手作りw)と
池2~3つを所持しており、巨大な金魚がゴロゴロいた。
記憶によると、らんちゅうの繁殖もやってたな。

私が金魚すくいで捕獲してきたばかりの金魚を、
そのままらんちゅうの稚魚水槽に入れようとして
叔父に止められたのを思い出した。今となっては超ごめんw

私が金魚にハマる前から金魚の品種に詳しかったのは
この叔父のおかげだな。


そんな金魚好きな母方の家系と、
釣り+熱帯魚好きな父方の家系。

私が生粋のサラブレッドということがよくわかるw


叔父は電話で母に
「金魚を室内で飼うな。庭に池掘れ。人が3人くらい入るヤツ」
と言ったらしい。おじさん万歳。
[PR]
by usura_pitan | 2007-06-26 23:02 | にちじょう
<< アビリティ 水族館 >>